Message

I grew up in an area where people believe in the existence of something invisible and where various gods are worshipped. In each home, both a Buddhist altar, for honoring ancestors,

and a Shinto altar, for worshipping gods of nature, can be found.
Whenever folktales or ancient traditions were recounted, I was always conscious of the existence of things which couldn't be seen.
In my works, I make an invisible world manifest by gathering snippets from every day-life experiences and arranging them. The motifs I choose are not necessarily bound by logic.

I select motifs which interest me, incorporating humorous and satirical elements to create scenes of another dimension.
My works draw mainly on my personal memories and experiences. My desire is to express a world suggestive of half-forgotten memories and sensations which exist in everyone's mind.

 

My work represents respect and appreciation for nature. I feel that we can not forget that modern people's lives are built on the expense of nature and creatures.

Livestock animals are not treated at all with their dignity as living things. Human beings accept it as a matter of course to process mechanically and eat them without giving thanks to them. Also, the nature that humans have selfishly destroyed warns us and seems to imply our future. I feel quite uncomfortable about being human.

Still, when I look around, I feel that various natures and creatures lurking in the world on the other side of everyday life live. Even if they are destroyed, they send me a warm look. I would like to draw a rich and warm world brought by spiritual connections while feeling such symbiosis with nature.

Due to globalization, the traditional culture of each region is lost and homogenization is progressing. The nature hurt by development and my own unique culture are inseparable objects and the main theme of my work. That is why I am making works with reference to the tradition of Japanese painting expression.

<メッセージ>

私が生まれ育った地域では、「目に見えない何か」を信じ、どこの家にも様々な神様が祀られていました。

火の神様、水の神様、神棚に仏壇など、先祖や自然を敬う習慣が日常的にあり、民話やいろいろな言い伝え

聞いては、「目に見えない何か」を意識しない事はなかったように思います。

 

私の作品は、こうした日常生活で感じていた目に見えない世界を、実際に見たり、聞いたり、読んだりして

いる中から断片を取り出し、それらを組み合わせることによって表現しています。個々のモチーフに、明確な

必然性があるとは限りませんが、自分なりに興味のあるテーマに、ユーモア、風刺も取り入れることにより、

異次元の世界を作り出しています。

 

私にとって個人的と思われる記憶、体験を素材として用いていますが、そこに表現された世界は、誰もが忘れかけている感覚や記憶を彷彿とさせることができたら、と思っています。

 

作品の多くは、自然に対する尊敬と感謝を表しています。現代人の生活は、自然や生物の犠牲に基づいて構築

されていることを忘れてはいけないと思うのです。

 

家畜達は、生きるものとしての尊厳を全く顧みられず、殆ど感謝もされず機械的に処理され、当たり前のよう

に食卓にあがっています。また、人間が我が物顔で破壊しつくしてきた自然からの警告は、私たちの向かう先

暗示しているかのようです。私は人間であることに酷く違和感を覚えてしまいます。

 

それでも、ふと周りを見ると、日常生活とは別の裏側の世界に潜んでいる様々な自然や生き物が、息づいていていることを感じるのです。彼らは、破壊されてもなお、そっと私に温かい眼差しを送ってくれているのです。私は、そういった自然と共に生きる事を感じながら、精神的な結びつきがもたらす豊かで温かい世界を描いていきたいと思っています。

グローバル化により、各地の固有の伝統文化は失われ、均質化が進んでいます。経済発展により傷つけられる自然と、自分自身の固有の文化は、私の中では切り離すことのできない一つの物で、それが私の作品の主要なテーマとなっています。そのために、私は日本の絵画表現の伝統を参照しながら制作をしているのです。

© 2023 by The Painter. Proudly created with Wix.com

  • Twitter Metallic
  • s-facebook